top
家紋が呼んでいる


葵紋一例  麻/葦/粟/朝顔紋一例   銀杏/稲紋一例  梅/五瓜紋一例    楓(紅葉)/柿/杜若紋一例 梶/桔梗紋 一例 菊/河骨/算木紋一例
十大家紋  植物紋-2  動物紋 自然紋   文様紋  建築・器紋 HOME
家紋ネクタイ商品ページへ
 
 

 植 物 紋-1

● 葵紋の一例

家紋、植物紋の一例(葵紋)

葵紋:家紋として葵を用いるようになったのは、賀茂神社の氏子、丹波の西田氏がはじめてである。
双葉葵は、京都加茂神社の神紋であることから「加茂葵」ともいう。


戦国時代になって三河の松平、本多、伊奈、島田氏が用いた。徳川氏が葵紋を使用したのはあ、三河に入り松平氏を継いだときに、家紋も受け継いだのであろう。


家康が将軍となり葵紋を用いるようになると、それまで葵紋を使用していた松平氏も徳川氏をはばかって、他の紋にかえた。葵紋は徳川氏専用の紋章となった。


葵紋を徳川氏が独占する中で、本多平八郎忠勝のみは家康に抵抗し、本多一門は葵紋を押し通したという。ただし「立ち葵」にしている。


 最初に戻る


● 麻/葦/粟/朝顔紋の一例 

家紋、植物紋の一例(麻紋、朝顔、葦、栗紋))

朝顔紋:ヒルガオ科の一年草で蔓は左巻き、夏、ラッパ状の大きな花をさかす。当時は種子を下剤や利

尿剤に用いたが、園芸品種に改良され発達した。家紋としては新しく、明治以降のものとされている。


麻紋:麻紋には、麻の葉の形を模した葉型のものと、六角形をもとにした星型とがあある。星型の文様は、鎌倉時代にすでに建築、染織、漆芸などに用いられ、これをつないで「麻の葉つなぎ」「麻の葉くずし」などと呼ばれる模様もできていた。



葦紋:イネ科の多年草本で水辺に自生する、高さ1~2メートル、葉は笹に似て秋、紫色の小花をつけた花穂を出す。節のある茎は簾に編む、模様としては戦国時代の鞍などに見られる。
楚々たる風情が古くから文人に好まれそこから紋章化されたと思われる。


粟紋:日本では太古から重要な食料となっていたらしく「万葉集」にも登場する、粟紋は稲紋に比べて種類が少なく古い紋帳には載っていない。


 最初に戻る


 ● 銀杏/稲紋の一例

家紋、植物紋の一例(銀杏紋、稲紋)

銀杏紋:秋になると葉が黄色くなり、初冬にはいっせいに散って地面を覆いつくす、その見事さは、銀杏ならではのことである。

昔の人はそのような銀杏を心霊が宿る木と考えたのであろう、神社の境内には威風堂々とした大銀杏があって、しめ縄をはあってあるところが多い。

神木として大事にしていることがわかる。銀杏紋は、銀杏の葉をかたどったものだが、この独特な葉の形はさまざまなバリエーションを生み、模様としても多く用いられている。



稲紋:稲紋は稲荷神社の神官や氏子たちの間で用いられた。稲荷神社は日本の神社のなかで最も数が多く、その数は四万社、稲紋は約50種あるが、大部分が束められた二束の稲が互いに抱き合っている。

束ね方も1束一穂と二穂があり、葉も一葉から五葉まである。稲荷の稲紋も「抱き稲」が多い。二束の稲が左右から輪形に抱き合って下で束ねてある。


 最初に戻る


● 梅/五瓜紋の一例 

家紋、植物紋の一例(稲紋、五瓜紋)

梅紋:梅紋は、梅の文様からできているが、大別して二つある。梅の花をデザインした梅花紋と、五つの丸を花弁のように並べ中心に小さな丸を一つおいた梅鉢紋である

梅家紋と梅鉢紋では、梅家紋のほうが古くからあった。江戸時代以降は梅鉢紋が多い、形もさまざまである。

梅鉢紋は太鼓をたたくバチのようなものが中心からでていることからついた名である。


瓜紋:瓜が文様として用いられるようになったのは、鎌倉時代らしい。瓜紋の形は、瓜の実や花・葉を象ったものだが、多くは実である。中には胡瓜の断面を図案化したものもあり、これを「胡瓜の切口紋」という。

 最初に戻る


● 楓(紅葉)/柿/杜若紋の一例

家紋、植物紋の一例(柿紋、杜若紋、楓紋(紅葉紋))

楓紋:カエデ科の落葉高木の総称でもあり、紅葉の別名でもあある。秋になって一面に紅葉することを衣に見立てて「紅葉のころも」といい、また一面に紅葉したさまを帳に見立てて「紅葉のとばり」というなど、雅びやかな表現もある。

楓紋には、二種類ある、一つは葉だけを図案化したもの、もう一つは葉と枝を組み合わせたものである。
葉だけのものは、葉の数によって「一つ楓」「二つ楓」などと呼ぶ。



杜若紋:杜若は、古くから衣装の文様に好んでもちいられたことが、「枕草子」や「栄華物語」などにみえる、杜若紋はこの文様から転化したものであろう。

杜若紋には、「花杜若」と「枝杜若」の二種類がある、「枝杜若」葉、茎、つぼみを組み合わせたものである。

 最初に戻る


 梶/桔梗紋の一例

家紋、植物紋の一例(桔梗、梶紋)


梶紋:梶紋には、葉だけのもの、葉と幹と根からなるものなどがある、葉はふつう五つに分かれているが、まれに七つに分裂しているものもある。

また、とくに主脈が太くて切り込みが深いものを、使用家である平戸の松浦氏にちなんで「平戸梶」という。
根のあるものを「根有り梶」というが、これは諏訪氏の家紋として有名で、別名を「諏訪紋」という。



桔梗紋:桔梗紋の特徴はまさにその水色にある。中世ではほとんどの紋章が白黒だ。
そんな中で土岐氏やその支流の明智氏が用いた水色の桔梗は、当時としてはユニークなものだったとおもわれる。

 最初に戻る



 ● 菊/河骨/算木紋の一例

家紋、植物紋の一例(菊紋、木紋、河骨紋)

菊紋:菊紋は皇室の紋章としてしられている。
菊紋の種類は、百六十種以上もある、花だけで、あるいは葉だけでできているもの、花と枝と葉からできているもの、他の紋と組み合わせたものなど、バラエティーにとんでいる。
天皇家の紋は十六複弁である。


河骨紋:河骨紋は徳川家の葵紋によく似ている。多分、葵紋の権威にあやかろうとしたものであろう。しかし良く見ると、葵の葉は、主脈の付け根から支脈が放射線状にでているのに対して、河骨の葉は主脈を中心にして支脈が平行にでている。


木=算木:算木とは、計算や占いで用いる小さな四角の木製のもののことである。家紋の形は、その算木の形からきていると言われるが、引竜紋と酷似

しているため、引竜紋の変形である、とも言われている。


 最初に戻る

家紋ネクタイ注文フォーム