top
家紋が呼んでいる

 井桁・井筒紋一例  鱗紋一例
角紋例 一例 唐花紋一例  鐶/亀甲紋一例  源氏香/字紋一例  蛇の目/巴紋一例  引両/目紋一例  輪/扇/団扇紋一例 
十大家紋 植物紋-1  植物紋-2  動物紋  自然紋  建築・器紋  HOME 
家紋ネクタイ商品ページへ
 
 

 文 様 紋

 ● 井桁・井筒紋の一例 

家紋、文様紋の一例(井桁紋、井筒紋)

井桁紋/井筒紋:井桁も井筒も井戸の地上に出た枠の部分をいう。

昔は、○形の枠を井筒、井形の枠を井桁といった。


井桁紋の使用家には、井の字のつく名字のものが多い、形は、井筒も井桁もともに重ね、組み、違い
などあり、数によって二つ井筒、三つ井筒などという。

他に唐井筒などの変形もある。


 最初に戻る


 鱗紋の一例 

家紋、文様紋の一例(鱗紋)

鱗紋:鱗を紋章化したものだが、魚の鱗という意味ばかりでなく、古くから単なる三角模様として用いられていたようである。


鱗紋の形は、正三角形が多いが河内狭山の北条氏のように底辺の長い二等辺三角形のものもあり、これを北条鱗という。

鱗の数は一個から九個まであり丸で囲んだものなどもある。


 最初に戻る


角紋の一例 

家紋、文様紋の一例(巴紋、角紋その他)

角紋:角とは、ふつう二線交差によってできた幾何学上の図形である。

紋章では、多くは他の紋の輪郭につかわれる。角紋には大きく分けて次のものがある、

平角 正方形 平角紋は線の太さによって太平角、中平角などと呼ぶが太平角が極端に太くなって中の四角が穴状になると釘抜紋にかわる。

逆に線が極端に細くなると角餅といって餅を意味する図形となる。


 最初に戻る


唐花紋の一例  

家紋、文様紋の一例(唐花紋)

唐花紋:唐花を象ったものであるが、唐花という花は現実には存在しない。


唐草紋は、花弁の四個のものが多いが、五弁以上のものもあり、「五葉唐草」「六葉唐草」のように呼ぶ、
また、花弁が菱形のものを「唐草菱」という。


そのほか、「細唐草」「鬼唐草」「剣唐草」「蔓唐草」などあり変形としては「唐草蝶」「唐草桐」「唐草枝丸」「風船龍唐草」などさまざまのものがある。


 最初に戻る


鐶/亀甲紋の一例 

家紋、文様紋の一例(鐶紋、亀甲紋)

鐶紋:鐶とは金属製の輪で、たんすの引き手、茶釜の取っ手、蚊帳の四隅の吊り輪などに用いられている。鐶紋はこれを図案化したものである。


鐶紋は、鐶が内側に向いているものと、外側に向いているものとがあり、外向きのものは「外向き鐶紋」という。

鐶紋の鐶の数は三から八個がふつうで「三つ鐶」「五つ鐶」などという。


丸くなるように組み合わせたり、四角や菱形に構成したり、丸で囲ったりしていろいろに変化する。
巴や井桁、菊、雀など他の紋を鐶で囲ったものなどもある


亀甲紋:亀甲紋は、六角形の均整のとれた美しさと、おめでたい動物を意味する亀という、二つの要素をもっている。

亀甲紋の形は正六角形、一重の亀甲枠でできているものと、二重の枠のものとあり、二重のものは「子持ち亀甲」という。


 最初に戻る


源氏香/字紋の一例 

家紋、文様紋の一例(源氏香紋、字紋)

源氏香紋:香は仏教伝来とともに、中国から日本に伝えられた。

やがて八世紀になって、遣唐使などの手によって香木ももたらされ、大いに広まった。寺院で焚くだけでなく、部屋に焚きこめたり、着物に焚きしめたり、また、香をきく(かぐ)香合わせの遊びも流行した。


『枕草子』『源氏物語』『栄華物語』などには、その様子が描かれている。香合わせははじめのうちは二種類の練香の優劣を判じる単純な遊びだったが、しだいに香木なども用い、組香といって文学的な遊びにまで発展した。


なかでも最も親しまれた香合わせの一つが源氏香であった、これは、香をきく数名の客が、香元から出された香が同じ種類か別のものかを当てるあそびである。


それを五本の線で図示する。いつのころからか、風流人がこのしるしを五十四帖に当てはめ、夕顔、空蝉・・・などと名付けた。


 最初に戻る


蛇の目/巴紋の一例 

家紋、文様紋の一例(蛇の目紋、巴紋))

蛇の目紋:蛇の目に似ているところからついた名称、もとは弓の弦を巻き付ける革や藤でつくった鐶から生まれた文様で、弦巻きの名のほうが古い。


この蛇目を家紋にしている武将の一人に加藤清正がいる。
蛇目紋の形は、一個の蛇の目形と数個の配列とがあり、剣と組み合わせたものや、捻ったものなどもある。


巴紋:鞆絵から発している。鞆は弓を射るとき、弦にふれないよう左肘につける革具、その側面を図案化したものが鞆絵である。

それがいつの頃からかその鞆絵に巴の字をあてるようになった、巴紋は、多くは神紋である


 最初に戻る


引両/目紋の一例 

家紋、文様紋の一例(引両紋、目紋)

引両紋:太い線を横に、ときには縦に何本か引き、図案化したんものである。

引両紋はきわめて単純な文様だ。
しかし、足利氏が天下を取ったことによって大いに広まった。この紋はおおよそ次の三つに分けられる。

新田氏の「一つ引両」足利氏の「二つ引両紋」三浦氏の「三つ引両紋」である。
ほかに「八つ引」までと他紋とのコンビもある。


目結紋:目結紋は、染め模様の目結を象ったものである。
鹿の子染めともいい、また古くはこうけち染めといった。
正倉院の御物にもこうけちの染色品が保存されている。

 最初に戻る


輪/扇/団扇紋の一例  

家紋、文様紋の一例(輪紋、扇紋、団扇紋)

輪紋/輪貫紋:輪紋も輪貫紋も、円形の輪の形をした紋である。

輪貫の場合は輪形を白などで染め抜いたもの。
輪は後世になって、限られたスペースの中に紋をまとめるために多くは輪郭として用いられるようになった。

また、その輪にも変化を持たせてさまざまなものができた。この輪郭は、本家、分家の区別をする上から
も必要であった。

ことに戦国時代以降、この輪紋は大いに流行した。


輪紋を輪の太さの順でいうと、厚輪、太輪、中太輪、丸輪、細輪、糸輪、毛輪となる。厚輪より一段と厚い輪は、蛇の目に似ているので「蛇の目輪」という。


また、輪を重ねた形で分けると、陰丸輪、二重輪、子持ち輪、三重輪などがあり、輪の種類では州浜輪、朧輪、梅輪、菊輪、柊輪、雪輪、唐草輪、源氏輪、雁木輪その他、バリエーション豊富である。


 最初に戻る

家紋ネクタイ注文フォーム