top
家紋が呼んでいる

庵/筏/錨紋一例  石/笠/地紙紋一例
クルス/釘抜き/轡紋 一例 鍬形/源氏車/琴柱/将棋/独楽紋一例  銭/槌/剣/笄紋一例  熨斗/羽子板/羽根/挟/文/船紋一例  分銅/瓶子/枡/卍紋紋一例  矢/鼓・立鼓/蝋燭/輪宝紋一例 
十大家紋 植物紋-1  植物紋-2  動物紋  自然紋  文様紋  HOME
家紋ネクタイ商品ページへ
 
 

 建 築・器 紋

庵/筏/錨紋の一例 

家紋、建築・器紋の一例(庵紋・筏紋・錨紋その他

庵紋:庵とは、仮り小屋のこと、庵紋は、この庵を象った紋章である。
庵紋は庵だけで用いるよりも、庵の中に木瓜、鶴、文字などを入れたり、屋根の三角形を飾ったりすること
が多い

筏紋:筏紋は、筏に花をのせるのがふつうであり、一名を花筏紋ともいう。しかし、後に筏だけの紋もつくられたので、二者を区別することもある。

「花筏」は紋章としだけでなく文様としても好まれた。


錨紋:錨紋には、網のついたものとつかないものとがある。また錨の数によって「二つ錨」「三つ錨」「四つ錨」「二つ子持錨」などがある

、変わり種では、錨を桐のように図案化した「錨桐」同じく、桜の形を模した「錨桜」団扇のような感じにした「団扇錨」などもある。


 最初に戻る


石/笠/地紙紋の一例

家紋、建築・器紋の一例(石紋・笠紋・地紙紋その他)

石畳紋:石畳は、四角い板石を敷きつめたもの、もとは、神社の敷石である。
石畳文様は、基盤の面のように方形を縦横に並べ、一つおきに浮き沈みとした模様で、霰とか市松ともいう。


団扇紋:団扇紋には、大別して三種類がある。(1)竹製の骨に紙をはった、いわゆる団扇。(2)天狗など
が持っている羽団扇、(3)戦場で武将が采配のために使う軍配団扇。団扇紋と扇とは、古代でははっきりした区別はなかった。


団扇紋は楕円形の柄のついた団扇を紋章化したもので、骨の数によって「五本骨団扇」「七本骨団扇」のように呼び、団扇の数で「一つ団扇」「二つ団扇」などと呼ぶ。


傘紋:傘紋は、傘を紋章化したものである。一本傘と三本傘がり、一本傘は開いているが三本傘は閉じたものもある。笠は、傘と区別するときは、かぶりがざという。



 最初に戻る


クルス/釘抜き/轡紋の一例

家紋、建築・器紋の一例(クルス紋・轡紋・釘抜き紋その他)

釘抜紋:釘抜紋は九城を抜くといわれ、九つの城を落とすという戦勝の縁起で家紋にされたという。
古くは、「猛虎襲来絵詞」で、船の中に並べられた楯につけられたいる。
また「鎌倉大草子」には、この紋がついた旗が見える。釘抜紋は形が単純で遠くからでもすぐにわかるし、
めでたい紋なので多くの武将が用いた。


轡紋:轡は馬の口に含ませ、手綱をつけるための金具、口輪から転化しいたものと考えられる。
轡の両端に手綱を引く鐶があり、その形や文様にさまざまな技工が凝らされた。


クルス紋:クルスはポルトガル語で十字架のこと。キリスト教のシンボルである。クルス紋の十字形を丸輪の中にいれたり、十字を変型してデザインしたり、祇園守紋の中にいれたりしたものが多い。


 最初に戻る


鍬形/源氏車/琴柱/将棋/独楽紋の一例 

家紋、建築・器紋の一例(鍬紋・源氏車紋・独楽紋その他)

車紋:車紋のデザインは牛車がもとになっている。車紋が家紋として定着したのは、鎌倉期のはじめである。

車紋は、江戸時代以前から源氏車紋といわれている。源氏車紋は、「源氏物語絵巻」に多く出てくる御所
車のことである。
源氏車紋の形には、円形と半円形とがある。円形のものは矢つまり車の骨によって八本骨、十二本骨のように区別する。


鍬型紋:鍬型とは、兜の鉢の正面に立てられた二本の角のような金具の飾りのこと。鍬の数によって「一つ鍬型」「二つ鍬型」のように呼ばれ、配列によって組、違い、寄せ、丸で囲ったもの星をつけたものなどがある。


琴柱紋:琴柱を紋章化したもので形が変わっていて、人の興味を引いたのかもしれない。形は一つ琴柱から五つ琴柱まであり、組み合わせの形としては、盛り、寄り、違いなどあるのは他の紋と同様である。


 最初に戻る


銭/槌/剣/笄紋の一例 

家紋、建築・器紋の一例(銭紋・剣紋・鎚紋その他)

銭紋:銭紋には文字の書いてある有文銭紋と文字のない無文銭紋がある。

銭紋の中で最も良く知られているのが、真田氏の六文銭である。真田氏の専用なので「真田銭」ともいう。


槌紋:木槌が紋章に用いられるようになったのは、一寸法師の「打出の木槌」のように欲しいものの名前を
唱えると出てくる、めでたさや魔術性にあやかろうとしたものであろう。
また、槌で打つことが敵を討つに通じるという、尚武の意味もあってのこととおもわれる。


剣紋:剣は、やはり尚武の精神から家紋に選ばれたのであろう。
形としては、剣を単独でもちいたもの「剣梅鉢」「剣葵」「剣銀杏」のように他の紋と組み合わせたものも多い。


 最初に戻る


熨斗/羽子板/羽根/挟/文/船紋の一例 

家紋、建築・器紋の一例(熨斗紋・鋏紋・羽根紋・羽子板紋その他)

熨斗紋:熨斗あわびの形を図案化したものである。今日でも熨斗紙や熨斗袋は祝いごとや贈物用に広く
用いられている。

羽子板/羽根紋:羽子板紋は、正月に羽根つきをして遊ぶときの羽子板を紋章化したもの。そして羽根紋は同じく羽根を紋章化したものである。

羽子板紋には並び、違い、重ね、追い、車などがあるが、数では一個から八個まであり変型として雪輪で囲ったものもある。羽根紋の羽根の数は一個から六個まであり、羽根丸の形が多い。



船紋:船を象ったもので、形は「帆掛け船」「飾り船」「梶の葉船」の三種。船紋には松竹梅のようなめでたい木とか、七福神の乗っているもの、宝が満載されているものが多い。
帆紋は、帆掛け船紋から分かれたものである。帆掛け船紋を用いた一族が分家して帆だけを家紋にしたのであろう。


 最初に戻る


分銅/瓶子/枡/卍紋の一例

家紋、建築・器紋の一例(分銅紋・瓶子紋・枡紋・卍板紋その他)

分銅紋:分銅は秤で物の重さをはかるときのおもり。
分銅紋は一つ分銅を紋にしたものから、二個以上のものをならべたり、一部を重ねたりしたもの、あるいは
梅の花の形や、桜の花になるように配置したものなどさまざまあり、単純な分銅の形から斬新な模様が出現している。


瓶子紋:酒をいれて注ぐのに使う細長く口の狭い瓶、一口でいうと徳利のことである。瓶子紋は一つ、二つ、三つと瓶子の数で分け口を紙で包んだ「包み瓶子」や二や三つに割った「割り瓶子」また桜や蝶などを組み合わせたものもある。


枡紋:枡は液体や穀物などをはかる四角い容器、枡紋はこれをさまざまに図案化したものである。

枡紋の形には月をあしらった「枡に月」ほかに四角に対角線をはった「弦枡」大枡のなかに小枡をいれた「入れ子枡」などなどいろいろな組み合わせがある。


 最初に戻る


矢/鼓・立鼓/蝋燭/輪宝紋の一例 

家紋、建築・器紋の一例(矢紋・輪宝紋・鼓紋・蝋燭紋その他)

矢紋:矢紋は矢を象った紋だが、弓紋と同じく、矢を作る古代の職業部ー矢作部や矢を使う武家、あるい
は矢のつく名字の者が使用している。

矢は羽と矢筈と矢尻とさらに全形もあり、紋として変化にとんでいる。



輪鼓紋:立鼓、流鼓、輪子などとも書く。輪鼓紋の形は単純である、ふつうは数によって一つ輪鼓、二つ輪鼓のように呼ぶが、丸形、亀甲、盛り、並びなどもあり、他との組み合わせもある。



輪宝紋:日本にも仏教とともに伝来した、寺院のしるしに用いられた輪宝は、宗派や寺によって形が少しずつ違い、大日輪宝、真言宗輪宝、成田輪宝、天台宗菊輪宝などがある。



 最初に戻る


家紋ネクタイ注文フォーム